シミとは。シミが発生する原因についても詳しく解説!そばかすとの違いも!

【Author】
 ココア

今回はシミについて詳しく解説していきたいと思います!

シミとは

シミとは、顔などに生じる褐色の色素沈着のことです。

シミは主に加齢、紫外線、女性ホルモンの影響などで発生します。

シミの外観は5mm以上と大きいものが多く、そばかすよりは数が少ないのが特徴です。

シミがで比較的できやすいのは40代~50代です(もっとも私は30代から出来ていましたし、個人差はありますが)。

そばかすと比べて、地肌との境界線が分かりやすいのもシミの特徴です。

シミが発生する原因

シミが発生する原因についてより具体的に掘り下げていきましょう。

シミの発生するメカニズムは以下の通りです。

1. 加齢による新陳代謝の低下、紫外線、女性ホルモンの影響等によりケラチノサイト(表皮細胞)が刺激される。
2. プラスミン(メラノサイトを活性化させる因子)がメラノサイト(色素細胞)に作用する。
3. メラノサイト内のチロシンというアミノ酸がドーパ→ドーパキノン→メラニンと変化して、メラニンを過剰に生成してしまう。
4. 過剰に生成されたメラニンがケラチノサイト(表皮細胞)に蓄積することで、色素が沈着する(=シミになる)

こういった仕組みでシミが発生してしまいます。

ちなみに私はシミウスというシミ対策アイテムを1年以上愛用し続けており、ほとんどシミが目立たなくなっています。

シミウスはシミへの有効成分として認められているプラセンタを、高濃度でメラノサイト(色素細胞)まで浸透させる独自技術などを有しています。

シミウスについてより具体的には以下の記事を参考にしてみてください!

【関連記事】
【2020年最新】シミウスの口コミや評価、効果、使い方などを徹底解説!実際に使っている感想も!

シミとそばかすの違い

シミもそばかすも紫外線が発生原因の一つです。

また、そばかすは紫外線以外にも遺伝で発生することがあります。

シミが主に加齢や紫外線で発生すのに対して、そばかすは主に遺伝や紫外線で発生するということです。

そのためシミが40代~50代で出来やすい一方で、そばかすは思春期にも出来やすかったりします。

そんなそばかすはシミに対して小さい傾向があり(主に5mm以下)、地肌との境界線も分かりにくいのが特徴です。

鼻から両頬にかけて分布しやすいのもそばかすの特徴ですね。

以上がシミとそばかすの主な違いです。

まとめ

以上、「シミとは。シミが発生する原因についても詳しく解説!そばかすとの違いも!」でした。

私は1年以上シミ対策を行うことで、顔や手の甲のシミをほぼ目立たなくすることができました。

ローマは1日して成らず、シミ対策も1日にして成らずです! じっくり時間を掛けて対策していきましょう……!

先ほども触れましたが、私の主なシミ対策はシミウスです(↓)

【関連記事】
【2020年最新】シミウスの口コミや評価、効果、使い方などを徹底解説!実際に使っている感想も!

メインの対策はシミウスで行い、あとは紫外線対策や、シミに良い食べ物をよく口にしたりもしていました。

シミに良い食べ物というのは、たとえばハトムギとかです。ハトムギにはお肌の新陳代謝を高める作用が期待できます。

はと麦茶を飲んだり、ハト麦シリアルを食べていたりしましたよ♪

少しでも参考になれば幸いです!